田﨑病院は板橋区大山の病院です。

板橋区大山西町5-3

田﨑病院
Loading...

休眼日をつくろう

2019.01.21

老いも若きも、スマートフォンやタブレット等の情報端末を利用する方が多くなった昨今。年々使用時間も増えているようです。新年の初めに大切な目のために考えてみませんか。

☆目が疲れていませんか?

電車やバスを見渡すと、スマホをしている方の多さに驚かされます。スマホ依存という言葉が生まれたように、一日の使用時間の増加の懸念されています。例えばデスクワークの方は一日中パソコンのモニターを見つめて仕事をすることになります。通勤時間の往復時間にSNSやゲーム、ニュースチェックなど行い、自宅に帰ってもついついスマホを利用している・・・・・そんな常に情報端末に接している生活をしていませんか?

長時間画面を見つめていると、特に視点を固定されます。実はこれが想像以上に眼の筋肉に負担をかけています。

 

☆子供は休眼日、大人は休眼時間を

スマホやパソコンを使用しないことは大人には難しいかもしれません。でもお子さんの場合は可能です。

眼のピントが合わない、視界がぼやけるなど、ここ数年スマホの長時間使用によって老眼のような症状がでる『スマホ老眼』が増えています。本来は加齢により起こる症状を、若いうちに自ら招いてしまう事は本当にもったいないことです。

瞬きが多くなったなど、もしお子さんの目に変化を感じ始めたら早めに眼科受診をお勧めします。また親御さんは、よくお子さんと話し合い、是非「休眼日」をつくってください。

大人の方は、仕事でパソコンの時間を減らすのは難しいと思います。適度にトイレ休憩で席を外して目を休める、私的な時間では毎日「休眼時間」をつくることをお勧めします。一日のスマホ利用時間を記録したり、制限するアプリもあります。そんな機能を利用して、今年は積極的に目を労わる生活を送ってみてください。

 

田﨑病院

 

メタボCT検査を受けてみませんか?

2019.01.09

新年になり、新たに始めようと思うことの1つに、年末年始での暴飲暴食を反省しダイエットしよう!という方も多いかと思います。

とは言っても、寒い日が続きなかなか大変です。

そこで、まずはメタボCT検査でご自分の身体の現状を確認してみてはいかがでしょうか。

検査は、普段着のままCTの装置に横になって入っていただくだけです。

腹部の1スキャンを撮り、専用ソフトにて内臓脂肪、皮下脂肪ともに面積を計測します。

通常のCT撮影よりも短時間で出来るのもメリットです。

詳しくは下記のサイトをご覧ください。

https://www.tazaki-hospital.jp/metabo/

院内改装工事のお知らせ

2018.12.12


この度、田﨑病院では院内の改装工事を下記の日程にて行う事となりました。

ご来院者様におよび入院患者様におかれましては、ご迷惑をお掛け致します。

 

日程:平成30年12月3日 ~ 平成31年3月29日

 

浴室がリニューアルしました♨

 

この度、浴室がリニューアルいたしました。

専用ストレッチャー&担架で浴槽に連結し、寝たままの姿勢で入浴するタイプの介護浴槽です。

早速、入浴した患者様方からは大変ご好評いただいております♨

 

 

 

 

 

年末年始 診療のお知らせ

2018.12.05

年末年始は下記の通りに休診いたします。

平成30年12月

28日(金)午前中のみ診療  午後休診

29日(土)休診

30日(日)休診

31日(月)休診

平成31年1月

1日(火)休診

2日(水)休診

3日(木)休診

4日(金)平常通り

なお、急患につきましては随時診察いたします。

 

デイサービスの活用

2018.09.14

現在、介護認定を受けている人は、全国で600万人とされています。

その中のおよそ150万人の方が、介護保険制度のデイサービスを利用しています。

デイサービスを活用することで介護を受ける方の健康を促進し、介護をする方の負担を減らす事ができます。

 

 

☆デイサービスのメリット

デイサービスは、介護施設を日帰りで利用できるサービスです。行きと帰りは、施設の送迎車を利用します。サービス内容は、食事や入浴の介助、健康チェック、身体の機能訓練、レクリエーションといった事が主になります(リハビリを主に行いたい場合は「デイケア」という別の介護サービスを利用します。)

デイサービスのメリットとしては、介護を受けている人の引きこもりを防ぎ、他者との交流を通して生きがいを見つける手助けをしてくれることです。また健康チェックや身体の機能訓練を通して、心身の健康維・促進に役立ちます。

 

介護をする方にとっては、デイサービスを利用している間は、安心して介護から離れて自分の時間をつくれるので、「介護疲れ」といった問題の軽減につながります。

 

☆デイサービスの多様化

デイサービスは、ケアマネージャーと相談して、利用する介護施設や利用回数を決めてから施設と契約し、サービスを受けることになります。 一日の利用時間は、おおよそ8時間。利用料金は、介護施設ごとの違いに加えて、要介護認定にの区分によって変わります。

デイサービスを行っている介護施設では、食事やリクリエーションの内容に、それぞれ独自の工夫をしているところがあります。介護保険施設を決定する前にしっかりと見学して、それぞれの介護施設の特徴を把握しておきましょう。

病院機能評価とは・・・・?

2018.09.04

病院機能評価機構より認定されました。

 

 

「病院を第三者の視点から」

公益財団法人 日本医療機能評価機構が行っている病院の審査です。この審査をクリアすることで病院は「認定病院」とされます

この審査は「患者中心医療の推進」・「良質な医療の実践1」・「良質な医療の実践2」・「理念達成に向けた組織運営」これら4つから構成される評価項目を用いて、病院組織全体の運営管理及び提供される医療について評価します。

つまり、認定を受けている病院というのは地域に信頼と安心を提供できるような体制が整っている良き病院と言えるのです。

 

週刊文春に掲載されました。

2018.09.03

田﨑病院が週刊文春9月6日号に掲載されました。

 

最新の日帰り手術の特集で当院が行っている、そけいヘルニア、痔(内痔核)の日帰り手術・短期入院手術の広告が掲載されました。

 

板橋区民健康診査のお知らせ

2018.08.15

田﨑病院です。

今年も上半期が終わり、あっという間に8月となりました。

7月から暑い日が続いていますが、慣用句にも暑さ寒さも彼岸までとあります。

それにならうと今週で、暑さもひと段落することとなります。少し過ごしやすくなるといいですね。

 

今回は板橋区民健康診査のお知らせです。

当院では毎年6月から10月まで板橋区民健康診査を受け付けております。

締め切りが近い10月は毎年、大変混雑しお待たせしてしまう事もあるかと思います。

 

暑さがひと段落したこの時期に、健康診査・結果確認を合わせて受診してみてはいかがでしょうか。

 

田﨑病院からのお知らせでした。

べたべた汗とサラサラ汗

2018.08.08

汗をかくとベタベタして気持ちが悪い。汗がなかなかひかない。汗をかいた時のにおいが気になる・・・

 

腋(ワキ)や陰部以外から出る汗は、本来、99%が水分でできています。そのためサラサラしていて直ぐに蒸発し、臭いはほとんどありません。

では、なぜベタベタ汗で悩むことになるのでしょう。どの答えは汗腺の機能低下にあります。

汗腺は、血液に含まれる血漿から汗をつくって分泌する管状の器官で皮膚に存在しています。

汗腺で汗が作られるとき、血漿に含まれていたミネラルや様々な成分はろ過されて血漿に戻されます。しかし汗腺の働きが衰えると、ろ過されなかったミネラルが汗に残ってしまい、これが汗がベタつく原因の一つになってしまいます。

ベタついた汗は、肌の不快感や臭いの原因となるだけではありません。人間の身体は、体内のミネラルを利用して働くようになっています。そのミネラルが失われると、身体には様々な不調が起こります。汗腺の機能は、汗をかくことを避ける生活習慣や加齢によって低下します。その一方で適度な汗をかくことで機能向上を図ることもできます。ベタベタ汗と身体の不調。その両方に思い当たる方は、サラサラの汗を駆けるように、食事習慣の改善・運動・半身浴などを生活に取り入れていきましょう。

大きく 標準