田﨑病院は板橋区大山の病院です。

板橋区大山西町5-3

田﨑病院
Loading...

新入職員 歓迎会

2018.05.22

先日、昭成会 田﨑病院新入職員歓迎会が開催されました。

 

今年もフレッシュな職員が入職してくれました。

これから一緒に頑張っていきましょう!!

 

よろしくお願いします。

 

 

板橋区民健康診査のお知らせ

2018.05.16

田﨑病院です。

最近、急激に暑くなってきました。しかしまた週末にかけて気温が下がる予報です。

体調管理に注意してください。

 

さて今年もGWが終わり、6月が近くなってきました。

6月と言えば板橋区民健康診査が始まる季節となります。

6月から10月まで受け付けていますが、毎年受付期間後半は大変混雑してお待たせするかもしれません。

可能な方はお早目の受診をお勧めします。

開眼片足立ち   何秒できますか?

2018.04.16

おはようございます。田﨑病院です。

今日は転倒予防に必要な筋力トレーニングの話です。

開眼片足テストは、目を開けたまま両手を楽にして、立った状態で片足を5cmほどあげた姿勢を維持するだけのテストです。開眼片足テストのポイントはこの姿勢を何秒間維持できるかにあります。この姿勢を長く保持できる人ほど、歩行中に転倒しにくいというデータがあるからです。関節痛などがない人は、開眼片足立ちテストを試してみましょう。

二十代の方の平均は70秒。三十代では55秒、四十代では40秒、五十代では30秒、六十代は20秒となっています。これらの数値を下回るようだと、筋力低下か平衡感覚に問題が起こっているかもしれません。

そして七十代の方は20秒以上を目指しましょう。

高齢世代にとってこれはとても大切な数値で15秒以下だと「運動器不安定症」になっている恐れがあります。運動器不安定症は加齢による何らかの病気が原因で、歩行能力の低下による転倒リスクが高くなっている状態のことです。転倒リスクは寝たきりになるリスクもあります。

 

開眼片足立ちはテストだけでなく、運動としても効果的です。左右の足で1分ずつ1日に3回行うと、理論上50分歩いたのと同じくらいの運動負荷が大腿の付け根にかかるそうです。このため筋力アップや骨粗鬆症の予防、ダイエット効果といった事が期待できます。

 

田﨑病院   こんにちわ  より

 

対処の異なる二つの頭痛

2018.03.13

暑さ寒さも彼岸まで

春のお彼岸を迎える3月。今年の冬は日本各地で、数年あるいは数十年に一度という大雪に見舞われる厳しい冬となりました。

春の暖かさが待ち遠しい限りです。

たた春先になると体調を崩してしまう・・・・・・

特に頭痛に悩まされるという方もいらっしゃいます。こうした頭痛でよくみられるのは「緊張型頭痛」と「片頭痛」です。

緊張型頭痛は(天気や気温の変化も含む)さまざまなストレスが要因で頭や首の筋肉が緊張し、血液が悪化することで起こります。

一方の片頭痛は、血管が拡張することで起こります。これにはストレスによって放出されるセロトニンが関係していると考えられています。

緊張型頭痛と片頭痛の症状には、いくつかの違いがある一方、見分けのつきにくいこともあります。問題は緊張型頭痛と片頭痛では対処方法が正反対になることです。

例えば、緊張型頭痛の症状を抑えるには、お風呂やストレッチといった身体を温める方法が有効ですが、片頭痛では同じことをすると欠陥が拡張し症状が悪化することがあります。

頭痛が起こった際には、自己判断しないで必ず主治医・かかり付け医に相談するようにしてください。

田﨑病院発行 「こんにちわ」より

感染症予防の勉強会

2018.02.08

先日、2日間にかけて行われた勉強会が終了しました。

内容は感染予防に関するものでしたが、改めて感染予防に対する意識を高めて業務に従事する必要があると感じることができました。

インフルエンザがまだまだ猛威を振るっています。皆様も、感染予防に注意してくださいね。

手洗い・うがいの習慣は感染予防に効果ありますよ。

医療安全 勉強会

2018.01.17

先日、今年1回目の勉強会を開催しました。

テーマは医療安全について。

どの病院でもそうですが、医療サービスを提供するにあたり事故は起こしてはいけないものです。

患者様に安全、安心な医療を提供するためにも田﨑病院職員は、常に研鑽をしていきます。

花粉症の季節が始まる前に

2018.01.13

新年も明けて2週間が経ちました。

そろそろ、お正月気分も抜けてきたのではないでしょうか。

まだまだ寒い毎日が続きますが今日は花粉症のお話です。

年を越して暖かくなり始めると雄花は一斉に開花し、2月ごろには関東・東海・九州地方では花粉が飛び始めます。

鼻から空気と一緒に吸い込まれた花粉は鼻粘膜に付着し体内に入り、くしゃみ・鼻水・鼻づまりや涙目・目のかゆみ・充血などのアレルギー反症状を引き起こします。

自分が花粉症であることがわかっているなら、花粉情報に注意しましょう。花粉シーズン中の症状を軽減させるためには、花粉が飛び始める2週間前から薬を飲み始めるようにします。

〇花粉が室内に入るのを防ぐ

外出の際には花粉が付きやすい素材の服は避けて、家に入る前には衣類や髪に付着した花粉を払い落とします

〇花粉を室内で飛散させない

空気中のスギ花粉は、湿気を含むと重くなり落ちてしまいます。そこで加湿器を使って室内の湿度を上げると蒸気に花粉がくっついて落ち、室内の空気中の浮遊を防ぎます。

〇花粉が体内に入るのを防ぐ

外出時にはマスクやメガネ、帽子を着用し花粉が体内に入るのを防ぎましょう。普通のメガネでも、目に入る花粉量を1/3  花粉専用のメガネなら1/4くらいまで減らす事ができます。

またマスクは水で湿らせたガーゼを中に挟めば、90%以上の花粉を防ぐことができます。メガネとマスクでしっかりと花粉をガードしましょう。

2018年 スタート

2018.01.09

明けましておめでとうございます。

謹んで新春のご祝詞を申し上げます。

昨年中は格別のご厚情にあずかり、心より御礼申し上げます。

皆様のご健康を祈念しますとともに、本年も田﨑病院をよろしくお願いいたします。

医療法人社団 昭成会 田﨑病院

糖尿病教室のお知らせ

2017.12.13

田﨑病院からのお知らせです。

12月16日(土)に田﨑病院 糖尿病教室を開催いたします。

年内最後の教室なりますので参加の方をご検討ください。

12月16日(土)

11時00分より (90分予定)

テーマ「血糖値を上げない食事の方法」

担当 薬剤部  栄養課

※詳細は当院受付までお尋ねください。

TEL:03-3956-0864

年末年始のお知らせ

2017.12.09

12月に入りめっきり寒くなってきました。

今年も残すところ1ヶ月を切りましたね。

さて田﨑病院の年末の診療に関してのお知らせです。

年末年始は下記の予定で休診とさせていただきますのでご注意ください。

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解頂きます様よろしくお願い致します。

なお、救急外来は受け付けております。

12月27日(水) 9時~17時  診療

12月28日(木) 9時~12時 診療

12月29日(金) から 1月3日(水) 休診

1月4日(木)  9時~12時 診療

1月5日(金) 9時~17時 診療

大きく 標準