田﨑病院は板橋区大山の病院です。

板橋区大山西町5-3

田﨑病院
Loading...

マンモグラフィーによる乳がん検査

マンモグラフィーによる乳がん検査のすすめ

日本における乳がんの発生率は年々増加し、1996年には女性の悪性腫瘍の中で第一位になりました。2000年には3万5千人が乳がんに罹患しています。これは女性の30人に一人が乳がんに罹患することになります。

また、死亡率も増加しており現在は約30%と言われています。乳がんが多いアメリカでは8人に一人が罹患しているとされおり、欧米でも発生率は日本と同じように年々増加していますが死亡率は減少しております。理由の一つが乳がんの早期発見であり、それを可能にしているのがマンモグラフィー検査なのです。

マンモグラフィー検査について

上下方向及び斜め方向の2方向の撮影を、左右それぞれ圧迫して撮影致します。微細な石灰化等を描出するために、乳房に圧迫をかけていきます。そのため痛みを伴う場合があります。痛みの感じ方は個人差がありますので、痛みが最小限になるように様子を見ながら圧迫していきます。

圧迫する理由としては、以下のようになります。

  1. 被曝線量を少なくする
  2. 微細な石灰化等を描出するため


マンモグラフィーのQ&A

マンモグラフィーで何がわかる?

触っても判らないような早期の小さい癌、しこりをつくらない癌、白い影(腫瘤影)や非常に細かい石灰化(微細石灰化)等見つけることが可能です。
悪性のみではなく良性も見つけることが出来ます。

放射線撮影は体に危険では?

マンモグラフィー撮影で乳房が受ける放射線量は2~6ミリグレイ程度です。妊婦のお腹の胎児が、奇形などの影響を受けるとされる量(100ミリシーベルト)と比較してもはるかに少ない量といえます。(1ミリグレイ=1ミリシーベルト)

いつ撮影するのがよいですか?

しこりが触れるなどの症状がある場合にはすぐに来院されることをお勧めします。
生理前には乳房にしこりがでる場合があるので、生理後4~7日目ころの乳房が柔らかく張りや痛みが無い時をお勧めします。

女性技師による撮影は可能ですか?

女性の診療放射線技師の検査を希望される方は、お電話または来院時にお訊ね下さい。


大きく 標準