田﨑病院は板橋区大山の病院です。

板橋区大山西町5-3

田﨑病院
Loading...

インフルエンザ

日本において季節性インフルエンザが大流行した年はインフルエンザが原因で死亡する人が、10,000人を超えています。

現在のところ今冬のインフルエンザの流行がどの程度になるか分かっていません。

しかし、インフルエンザに備えるには、流行が始まる前の11月が非常に重要な1ヵ月となります。

☆インフルエンザの特徴

インフルエンザと言う言葉は、影響を意味するラテン語から生まれました。インフルエンザという病気自体は古代からありましたが、命名されたのは16世紀でした。

命名された当時、インフルエンザの真の原因は発見されておらず、星の運行や気候の変動といった影響がこの病気をもたらすと考えられていました。

現代ではインフルエンザの原因がウィルスである事はよく知られています。

ウィルスである事はよく知られています。

インフルエンザウイルスにはいくつもの種類がありますが大きくA.B.Cの3つ型に分類されています。このうちC型は、ほとんどの人が幼児期に感染するもので症状も重くありません。問題となるのはA型とB型です。

A型のインフルエンザは、ウィルスの形が変化しやすい特徴があります。このため映画とは、人間の免疫が不十分である場合がありB型に比べて流行が起こりやすく、流行の希望も大きくなる傾向があります。また、A型に感染すると、B型に比べ症状が重くなる傾向があります。

2009年に、新型インフルエンザが流行し、一時はフェーズ6という非常に危険な状況に至った事は記憶に新しいところです。

このインフルエンザウイルスは、現在A型の季節性インフルエンザとして毎年流行しています。

そして、このウィルスに加えインフルエンザとしてはなじみの深いA香港型、さらにはB型。

今年のインフルエンザワクチンはこの3つのインフルエンザを予防する混合ワクチンとなっています。

今日の記事はここまでです。

次回は、インフルエンザの感染対策と感染に注意してほしい人の記事を上げていきます。

 

大きく 標準